時下、ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。平素より当協会の運営に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、令和2年6月1日厚生労働省老健局総務課認知症施策推進室他事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて(第12報)」に基づく特例の取扱いにおいて、算定対象が利用者毎の同意に基づくものと示されております。

当協会会員の介護支援専門員が給付管理を行う際に、利用票・提供票の作成段階から、区分支給限度額の管理や利用者への自己負担額の説明等を確実に行い、利用者の不利益につながらないようにすることと、各特例対象事業所との請求をスムーズに行う観点から、添付の介護支援専門員への事前説明文書(添付書類①及び④)、同意の有無を確認できる様式(添付書類②及び⑤)、対象者と適用回数等を報告する様式(添付書類③及び⑥)、算定する際の介護支援専門員との連携に係るイメージ図(添付書類⑦)を作成いたしました。公式なものではございませんが、本様式を用いた連携に御協力いただきたく何卒よろしくお願い申し上げます。

また、介護支援専門員が利用票等を作成する際の参考に使用するとともに、利用者への説明時に事業所と介護支援専門員の間で齟齬が生じる事がないように、①または④の介護支援専門員への事前通知文書に、事業所が利用者への説明に使用した説明書等を添付いただきますようお願い申し上げます。

 

※今後の国通知等によって変更する場合がございます。
※各様式の「CM気支」は、宮城県ケアマネジャー協会気仙沼支部の略です。