フレイルの日

フレイルの概念、予防の重要性を多くの方に知っていただき、健康長寿
社会の
実現を図ることを目的に、日本老年医学会、スマートウェルネス
コミュニティ協議会、日本老年学会、日本サルコペニア・
フレイル学会の4団体が共同して2月1日を「フ(2)レ(0)イ(1)ルの日」として制定しました。
2020年1
月29日には日本記念日協会により「フレイルの日」が
認定・登録されています。

フレイルとは?

フレイルとは加齢に伴って心身機能が低下した「虚弱」を意味する言葉です。
「健康」と「要介護」の中間の段階とされ,そのままにしていると要介護状態になる危険性が高いといわれています。

フレイルとロコモ

ロコモとは運動器の障害により移動機能の低下をきたし、進行すると
介護が必要に
なるリスクが高くなる状態のことです。運動器に障害が
起きると関節の痛みや制限
が生じ、筋力が低下し、バランス能力が低下
します。ロコモはフレイルを招く病態
で「要介護のリスクが高い状態」ともいえます。

知っていますか?フレイルとロコモ

 

新型コロナウイルスとロコモ

新型コロナウイルス感染症防止対策の影響による外出頻度の減少は、
フレイルを
引き起こす一因となります。動かない時間を減らし、自宅
でもできるちょっとした
運動でフレイルを予防しましょう。

気をつけたいポイント