歯と口の健康週間(6月4日~10日)

この週間は、歯と口の健康に関する正しい

知識を広めるとともに、歯科疾患の予防に

関する適切な習慣の定着、早期発見・治療

等の徹底を呼び掛けることによって歯の

寿命を延ばし、健康の保持増進に寄与する

ことを目的としています。

1928年(昭和3年)、日本歯科医師会が「6(む)4(し)」にちなんで

6月4日を「虫歯予防デー」を制定しました。

その後さまざまな名称変更を経て、2013年(平成25年)より現在の

「歯と口の健康週間」になりました。

啓発活動

●8020運動

 ~いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから。

8020運動とは、1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が

推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動

です。人は20本以上の歯があれば、ほとんどのものを噛み砕くことが

できるとされており、食生活にほぼ満足する

と言われています。

「生涯を通じて、皆さんが自分の歯で食べる

楽しみを味わえるように」との願いを込めて

この運動が始まりました。

楽しく充実した食生活を送り続けるためには

生まれてから亡くなるまでの全てのライフ

ステージで健康な歯を保つことが大切です。

●オーラルフレイル

「8020運動」の更なる発展に向けて、新たに取り入れられた考え方に

『オーラルフレイル』の予防があります。

『オーラルフレイル』とは、口腔機能の

軽微な低下や食の偏りなどを含む、身体

機能の衰えのひとつです。

・滑舌が悪くなった
・食べこぼしが増えた
・むせやすい
・噛めない食品が増えた
・口内が乾燥する

などのささいな症状から始まるため、見逃しやすく、気が付きにくい

特徴があるので注意が必要です。

これらの様々な口の衰えは身体機能の衰えと大きく関わっており、早め

に気づき対応することが大切です。

<関連リンク>

日本歯科医師会ホームページ

e-ヘルスネット 歯・口腔の健康(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト)